コンテントヘッダー

平標山ヤカイ沢

4月22日午後に筑波大まで行った。ここを初めて車で回ったが、そこかしこに研究棟や実験棟があり、全体像はわからなかった。
広すぎて、これでは他学部や他学科との交流はまずないので、これはこれで学問的には疑問だなと感じた。

とにかく、とある研究棟から、必要な機材を運び込み、午後4時ごろ出発。
圏央道経由で苗場スキー場の先のいつもの駐車場。時刻は8時半。
23日の明け方、強風で目を覚ます。5時出発予定だったが、晴れるはずのお昼ごろでも、siteBでは7m/s以上の予測。
おまけに雪が降ってきた。

結局登るのは断念して、ヤカイ沢出合いのあたりからsiteA/Bを見ることにしたので、ゆっくり8時出発。
ここは谷で風がないので、ドローンを飛ばして地表を撮るが、事前ルートがないのでかなりいい加減。
ネット接続できれば、ここで飛行ルートをその場で作れるが、谷なので無理。
なお、12時ごろは雲がとても早く南に流されて、午後1時には快晴になったが、
頂上から降りてきた人に聞くと、かなり風が吹いていたとのことで、たぶんドローンは無理だったと思うことにした。
20170423ヤカイ沢

帰りは谷川岳や武尊山がよく見えたので、写真を撮ってみた。
20170423武尊

赤城高原SA

なお、ドローンは地表5m/sでは安定していたが、高度100mにしたら、10m/s以上あるらしく、ドローンが随分傾いていた。
写真はジンバルのおかげで問題がなかったが、siteBではやっぱり飛ばせなかっただろう。
コンテントヘッダー

リチウムポリマーバッテリー交換その2

去年、小型プロジェクターのバッテリー交換を記録した。
ずいぶん経ったが、中華サイトから返事なしなので、PayPalで支払いキャンセルして、新たに探した。

いろいろ探したが、日本サイトではやっぱり該当容量は見当たらず、やむなく似たスペックの3.7V 1800mAhを楽天で購入。810円(税込)だが、送料648円なので合計1458円になって、中華より容量少なくて高かった。

中国サイトは、USAやEUにはほいほい売っているはずだが、結局楽天をもうけさせてしまった。

まあ、気を取り直して、ショートに気を付けながら基盤を交換する。ハンダ付けは意外と簡単だが、バッテリーや基盤は万が一を考慮して、ガムテープで固定して、ショートしないようにした。

出来たら当然スペースが出来てしまった。
IMAG1476.jpg

元々は2800mAhで90分なので、今回は54分の予定だが、どうせ話半分の世界なので、20分もバッテリー駆動できれば御の字だ。

なお、容量の小さいリポバッテリーに、容量が大きいリポバッテリー回路を移植したので当然1C充電ではないはず。
2800/1800=1.6C充電なので、充電発熱などのリスクはあるはす。もちろん使用時放電の発熱もある。
しかし、epicoの充電時間を考えると相当しょぼいDC-DCなので1000mAも流せるわけがないので、OKだろう。

のちに調べたら100mAも流れていなかった。回路破損か。
epicoは5V1.5Aの消費電力なので、リポバッテリーがへたったら
AC充電では追いつかないことがわかった。
ACアダプター直挿しのほうがいいかも(=゚ω゚)ノ。


もし、この記事を参考に、リポバッテリー移植を考えているご仁がいれば、そこのところ自己責任にてお願いします。
もちろん、移植作業中の端子間ショートは、きっとすごいことになるのは、理解した方のみ参考にしてください。

とりあえず、リポバッテリー本体交換と制御回路移植でプロジェクターは復活できた。
コンテントヘッダー

スタックパック

すごくきたないが、現在のスタックパック
去年苦労していろいろほつれを直したが、別のところがほつれている。
また、グースネック近くはセイルを閉じられていない。1週間でここにカラスがミカンをなすりつけたので、セイルに黄色いしみがついた。
今年は、ドジャーとともにここも作り変えるぞ。
海外のビデオ( 最下段 )も参考に依頼メーカーを決める。自分ではできなさそうだし。

IMAG1470.jpg
IMAG1469.jpg
IMAG1468.jpg
IMAG1468.jpg
IMAG1467.jpg
IMAG1466.jpg
IMAG1467.jpg
IMAG1466.jpg
IMAG1465.jpg
IMAG1464.jpg
IMAG1463.jpg
IMAG1462.jpg
IMAG1461.jpg
IMAG1475.jpg
IMAG1474.jpg
IMAG1473.jpg

無題

ハウツースタックパック
コンテントヘッダー

LEDソーラーランタン

無題

2000円しないのでポチッとしてしまった。

軽いし、カラビナもおまけだ。
明るさはまあこんなもの。バッテリー駆動のまぶしさはない。しかし、本は読める。
コンテントヘッダー

リチウムポリマーバッテリー交換その1

epico

このプロジェクターは、暗いがwifi接続もHDMI接続もできて便利だった。

しかし、うっかり過放電してバッテリーが死んだらしい。
3.7V 2800mAhというありふれたリチウムポリマーバッテリー通称リポバッテリー。
本体ばらすとどうもサーミスター内蔵の3線式。

IMAG1414[1]
IMAG1417_BURST002_COVER[1]
IMAG1419[1]


こんな解説があった
回路



昨今の円安でちょっと高いが、
ネットで過充電過放電制限回路内蔵が600円なので、中国からお取り寄せ。最も運賃も500円だ。
また、こういうときも必ずPayPal決済。なにせ相手が相手ですから。
自己責任ではあるが、リチウムバッテリーやリチウムポリマーバッテリは格安な時代になった。

1か月後に到着したら、こちらのサーミスタ内蔵回路に取り換える予定だが、たぶんこのサーミスター回路や温度フューズはもともとついている可能性大。なにせ機器内蔵のリポバッテリーは、いまやニッケル水素単三充電池なみの商品で、オリジナルをパクって中国が作るからね。 (だからギャラクシースマホみたいに安易に流用して事故を起こすんだ)
まあバッテリー線だけ繋げばいいかな。
コンテントヘッダー

DJIのドローン

折り畳み軽量ドローン

スペック ほとんどphantom4並み

折り畳みや軽量化で後れを取っていたDJIが10月から発売する新型。

センサーサイズは今までのPhantom4といっしょで触れないように透明カバーまでついている。
さらに2Kgが0.8Kgになって、500mlのペットボトル並みの容積。
コンテントヘッダー

雪のすべり量を無人で測る

一般にグライド計というようだ。
移動体はスキーの前部、測定器はリール回転を測るエンコーダーとデータロガーで100万円程度。

そんなに正確でなくて、測定間隔も1日に1回から6回程度なら
氷点下-20度でのバッテリー容量減少を考えても写真のもので十分。
全部で12,000円でできる。防水処理が課題だろう。
動作記録


IMAG1388.jpg
IMAG1387.jpg
IMAG1390.jpg
IMAG1389.jpg

コンテントヘッダー

:結構たいせつなドローンテスト

ドローンは機体の重さなんかで飛行可能な風速がある。
ファントム3は10m/sだ。
そして推薦は5m/s以下。

墜落が怖くて試せなかったが、真城峠で試した。
風速は機体の安定度からエミュレーションしたらしい。

風のある時の飛行

7m/sでもなんとかなってる。
ピークで10m/sというときでも、オートパイロットならなんとかなりそう。
ただし、あくまで側面風速。
上昇風速は別物なので、平均5m/sなら飛行可能とした。
コンテントヘッダー

ライチ?

ドローンを飛ばすときに、土木や地形測量ではきちんとした区域を飛行させる必要がある。
無料のスマホアプリ dji go ではあまり使い勝手が良くない。

色々なオートパイロットアプリを(無料で)試したが、有料(2,200円)のLitchiをインストールした。

ところが、急傾斜地を調べるには、飛行高度も急傾斜地に合わせて絶対高度と座標を
移動させなければいけない。
litch平標siteB

これが大変だった。
Litchiの売りの一つのmisson hub ではいかにもグーグルアース風の画面でwaypointをつけられて、高度 (altitude)も指定できるが
これはあくまで実地のドローンスタート地点からの高度を維持して飛ぶだけ。

急傾斜地ではそれぞれのwaypointでの高度を別途調べてinputしないといけない。
あるいはグーグルアースでポリゴンを作って、そのデータからmisson hubにcsvとして強引にインポートするしかない。

これは結構面倒だった。
コンテントヘッダー

DJI Osmo

1111.jpg

35mmカメラで20mm相当 水平FOV94°
無敵の自撮り棒か。
コンテントヘッダー

尾瀬御池

久しぶりに尾瀬に29日午後7時に出発して、桧枝岐経由の御池。
予定ではちょっとみぞれだけど、それも夜半には止んで晴れるはずだった。
かみさんと一緒なので上田代か広沢田代までのスノートレッキングの予定。

実際は30日8時まで吹雪いて、30日朝には御池から上田代まで樹林帯ではトレースなしの20センチ新雪。
ただし、田代などの強風の吹きさらしでは10センチ程度。
20160430ozemiiketashiro.jpg

20160430oze.jpg

30台くらいの車の人はほとんど燧ケ岳にスキーやスノボーで御池田代から登って行った。
おかげで裏燧林道はパウダースノーで樹林帯はリボンのみ。積雪期用のルートを作る楽しみができた。
上田代でおしるこを作り大休止。コガラなどが囀っていた。

御池駐車場まで登れない車はなかったようだが、30日早朝に着いた人に聞いたら、
雪対策していない車は、除雪車が発進するまで待って列を作って登ってきたとか。これは賢いなあ。
(鳩待峠ではスタックする車が出て、鳩待峠に行けない車がかなりいたらしい)
こちらはノーマル+チェーンなしであえぎあえぎ御池まで来たので、帰りが心配だったが、除雪車のおかげでドライ路面。
新燧の湯でまったりして午後2時自宅着。
コンテントヘッダー

三角マークの寒冷前線

古宇は大荒れの一日
取り替えた気象観測装置で、気象の様子を見た。

2016年4月17日の午後1時ごろ瞬間風速が20m/sになり、その前後1時間で気圧が最小になった。
同時に気象庁の天気図から、そのころ寒冷前線が西から東に通過した様子がわかる。

20160417wind.jpg

20160417pressure.jpg

20160417weather09.jpg
20160417weather21.jpg

コンテントヘッダー

Djigo ようやくフライトログ移植できた

Djigoアブリのフライトログをようやくkmlやcsvにちゃんと変換できた。
ヘルシードローン
日本語では別の変換ソフトしか紹介していなかったが、こっちのほうが良いと思う。
また、Djigoフライトログのwindows可視化方法も同期だけでOK。
備忘録なのでこれ以上は割愛する。

とにかくフライトログに関する変換は日本語環境ではまだまだのようだ。
グーグル検索も英語入力しないと、素人レベルですら日本は取り残されるだろう。
これからめんどうでも英語入力するかな。

201603.jpg
コンテントヘッダー

古宇空撮

大谷製材所奥のみかん畑を高度70-100mで5秒間隔で200*100m程度の範囲を撮った。
風は地表2m/sで上空は3m/sはあったはず。
photoscanで3D化すると、3時間も作成にかかった中レベルでは抜けが多く、作成に1時間の低レベルでは抜けが少なかった。

これは作成時の厳密性と関連がありそう。正確な数値情報がなくて良いなら、低レベル作成のほうが却ってよさそうだ。

飛行経路をみると250m*150mくらいの範囲にも見える。
写真のマークが邪魔。kmlに変換すると3次元になるが、一部バグがあるらしく、修正勉強中。
DjiのアプリDjiGoでは飛行中のスピードやら高度やら再現してくれるが、パソコンに移植するとCSVやkmlではそのあたりの情報がごっそり抜かれている。有料の別のアプリにしないと飛行軌跡の動画は難しい。

無題
アルバム
プロフィール

KARABINA222

Author:KARABINA222
FC2ブログへようこそ!

コンパクト月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR